幼稚園や小学校になるとよく動くようになり、どんな服を子どもに着せたら良いのか悩みになってしまうことも多いです。子供服を選ぶ時のポイントを知っておくと、子どもは快適に過ごせるようになります。子供服を選ぶポイントとしては、動きやすいことを第一に考えます。外で遊ぶようになると運動量も増えて、子どもの運動機能の発達にもつながっていきます。

ストレッチ素材や、女の子なら短すぎない丈のスカートなどを選ぶと体をしっかり動かすことができ、怪我も防げます。また、汚れても問題ない汚れの落ちやすい素材のものを選ぶと選択する時に便利です。着替えやすい子供服を選ぶことも重要です。着脱がスムーズなものだと体温調節もやりやすくなります。

伸縮性のある生地でボタンなどの留め具が少ない、またはファスナーで着脱できると手早く着替えられます。給食などで服を汚してしまうケースもあるため、汚れが目立ちにくい色を選ぶのもポイントです。白系などは見栄えが良くても汚れが目立ちやすいため避けたほうが良いとされています。できるだけ濃いめの色やカラフルな色合いのものを選ぶと、汚れが目立ちにくく、子どもと出かけた時には目立つため迷子予防にもなります。

ポケットがあるかないかも重要です。ポケットがあればティッシュやハンカチなどを持ち歩くことができます。ポケットがついていない服を着せる時には、クリップで洋服固定できる移動ポケットを使用すると気軽にハンカチなどを持ち歩けます。おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です